イベント開催に際し、会場を借りる時に気をつけるポイント3選!

会場の図面を確認し、候補を絞りこむべし!

まずはイベント会場として借りる場所の図面などを確認しましょう。インターネットで検索すると、図面や資料が載せられていることが多いので参考にできます。詳しい図面が載せられていない場合は、資料請求をするか会場に問い合わせてみると良いです。図面を見て候補がいくつか絞れたら、実際に会場を訪れて詳しく下見します。図面で見るよりも、実際にイベントを開催した時のイメージがしやすくなり、候補の中から最適な場所を選ぶことが出来るでしょう。

会場を借りる費用が安い場合に注意

会場を借りる時、広さや収容人数などにより相場の価格があります。相場よりも安い会場を見つけて、即決めてしまうことは避けましょう。会場が安い場合、機材や設備が整っていない場合があるからです。例えば、映像を流すイベント内容なのにも関わらず、映像機材が一切整っていなければ、別途で映像機材をレンタルしなければいけなくなりますよね。すると、いくら会場費が安くてもイベントを開催するまでの準備物で費用がかさんでしまいます。

下見は男女ペアで行くべし!

下見の時に見落としがちですが、トイレの下見はとても大切だと言えます。短時間で開催されるイベントの場合は、比較的利用する人も少ないので、さほど重要視しなくてもよいのですが、長時間のイベントが行われる際は、特に気をつけなければいけないポイントです。休憩時間などが設けられていたら、その時間にたくさんの人が利用することでしょう。参加者の人数に見合うトイレがあるか、どれくらいの休憩時間を取れば、参加者がトイレを利用出来るかを決める目安にもなります。その時に女の人だけが下見に向かうと、男子トイレの下見が困難となります。男性のペアで下見に行った場合も同じことが考えられます。下見は男女ペアで行った方が、効率よく下調べが行えるでしょう。

福岡のイベントスペースでは、展示会や講演会、撮影会、パーティーなど、幅広い用途に対応しているため、様々な目的での利用が可能です。