無理のない若々しさを!30代以上が選びたいドレスとは?

自分を見失ってはダメ

自分の魅力を充分に理解している人が若々しくと考えるのなら問題はありませんが、気をつけたいのが大人っぽい雰囲気なのに、ブライダルスタッフや母親からもっと若く見せなくてはという声が出て自分を見失ってしまうケースです。若々しく見せることは大切ですが、ウエディングドレスを若く見せようという基準で選んでいくのは大人とはいえないので、自分なりの判断基準を持つように心がけましょう。また、ゲストは実年齢を知っていますから可愛らしさはニュアンス可愛いくらいで抑えるようにするといいですよ。

トランスペアレントな素材で

女性の可愛らしさを大人の花嫁が品よくドレス姿に取り入れるには、デザインに軽やかさや甘さがあることが大切です。たとえばオーガンジーなど透け感のある素材でつくられているドレスは軽やかにみえて、フレッシュな花嫁を演出してくれますよ。さらに動いたり、風が吹くたびに揺れるので優雅な印象もプラスしてくれるでしょう。ガーゼのような素材感のガルザを用いた斜めのフリルがノーブルな可愛らしさを印象付けるドレスでは、胸元のシャーリングでバストラインを美しくみせメリハリボディで若々しさも出しましょう。

チュールとシャンティイレースのハーモニー

気になる下半身を覆い隠してくれるチュールスカートのドレスは、体型カバー力に優れているボリュームスカートです。子供っぽくみえがちですが、チュール素材を選ぶことで無理なく若くみせられるので安心ですよ。ほどよいフレッシュ感をプラスするのがポイントになります。胸元から身頃、そしてソフトチュールのスカートにちりばめられた花びらモチーフのシャンティイレースが甘い気品を引き立ててくれるでしょう。ローウエスト仕様で大人っぽさもプラスしましょう。

福岡の結婚式場では幸せな二人を祝福するので心のこもったおもてなしをします。平均相場も安いので安い値段で挙式が行えます。