必見!!海外挙式の注意すべき3点とは?!

計画的に進めよう!!

海外挙式を使用と思ったらまず日程を決めることが大切です。特に渡航関係もあるので、家族や友人や挙式に参加できるかの日程調整もあるので、少なくとも1年前から6ケ月前には準備を始め、招待状を送るようにしていきましょう。海外挙式はともかくスケジュールがとても大切です。意外と場所や挙式の仕方やドレス決めなど国内の結婚式でも決めていくことは同じですが、他国の準備は入念にしておくことが重要です。素敵な挙式を行いたいですね。

現地に日本語スタッフの同行ができる確認しよう!

二人だけの海外ウエディングなら二人で注意すればいいことですが、家族や友人が参加する場合は、特に言葉が大きな障害を生みます。新郎新婦は何から何まで付き添って答えることができないので、日本語スタッフの手配は重要になってきます。旅行会社によって、つかないところ、つくところがあるので、しっかり確認しておきましょう。また、万が一の緊急連絡先など確認をしておくことが大切です。また、旅行保険にあらかじめ入っておくと安心です。

パスポートの確認をしよう!

最後の最後まで一生懸命準備してきても、パスポートが期限切れになっていたなど、思わぬアクシデントもあります。直前にパスポート切れがわかって、バージンロードが二人で歩けなかったということにもなりかねないので、注意しましょう。また、家族や友人にも念のため挙式の1ケ月前くらいから準備をしておくよう確認連絡も漏れなく行っていくことが大切です。いくら準備しても行けなければ最悪な結果になってしまいます。確認漏れのないように!

結婚式場を東京で選ぶのであれば、専門雑誌を利用すると良いでしょう。東京の結婚式場が一目でわかるからです。