挙式の種類には3つありそれぞれ式場が異なる

キリスト教式の結婚式

キリスト教式の結婚式は、キリスト教の教義に沿って行います。最近では多くの人が行う結婚式の方法で、親族以外にも友人等沢山の人に参列してもらえるのがメリットです。クリスチャンの人は教会で行うが、そうでない人はホテルや式場のチャペルで行う事が出来ます。教会の宗派によって精度の違いはあるが、プロテスタント教派なら信仰していないくても挙式は誰でも挙げられます。カトリック教派は、新郎新婦のどちらか1人が最低でも信仰していないと挙式は出来ないです。

神前式の結婚式の式場

神前式の結婚式は、昔ながらの日本伝統の方法で行います。服装は和装で会場は神社等で行われ、会場のスペースが広いと友人等が参列する事が可能です。最近では、本格的に行わなければホテルの神殿を会場にする事も出来ます。ホテルの神殿で行うと会場が広いため、大勢の人数を呼べます。本格的に神社で行うとスペースが神殿よりも狭いですので、親族しか列席出来ない場合もあります。現代は神前式で結婚式を行う人は、減ってきています。

人前式の結婚式の会場

人前式の結婚式は、参列者に結婚の保証人になってもらって行われます。このため、形式や格式に囚われる事なく行うスタイルです。会場は新郎新婦の縁のある場所や二人で考えた場所を使います。アイデアや思考を凝らして決める事が出来るため、一生の思い出に残るものにする事が可能です。衣装や式の進行の仕方は特に決まっていないですので、自由に決められます。好きに決められるが、衣装はウエディングドレスを選ぶ人が多いです。

六本木の結婚式場では自分なりの考え方でコーディネートが可能です。近くには東京ミッドタウンもあるので落ち着いて挙式ができます。