親族のみで結婚式を行うメリットとは何なのか

最近増えてきた親族のみの結婚式

以前はたくさんの親戚や友達や会社の人を招いて盛大に結婚式を行うのが定番でしたが、最近では親族のみで行う小さな結婚式が増えてきました。その背景には、予算をあまりかけたくないという節約志向があったり、授かり婚で子どもがいるためアットホームな式にしたいという場合、授かり婚のため、形式的な儀式として行いたいという場合などがあります。予算はかけたくないけど、式だけはしておきたいという人が多い傾向にあります。

メリットはどのようなものがあるか

結婚式もしくは食事会を親族のみで行うメリットはどのようなものがあるかというと、やはり招待する人が少なくて済むので費用がかなり抑えることができるということです。通常の結婚式が70人程度招待すると考えると、親族のみの場合10人から20人のためかなり安く抑えることができます。また親族のみなためとてもアットホームな雰囲気で結婚式を行うことができます。誰もが新郎新婦をよく知っていて、昔話をしたり懐かしい時間を過ごすことができます。

親族のみとはいってもこだわりたいところ

親族のみで行うとなると、やはり集まって食事会をしたという印象になってしまいがちです。しかし一生の節目でもある結婚式だという認識を強めるためにもこだわりたい部分があります。結婚式を行う場所、料理、衣装、サプライズの演出、引き出物などいろいろなこだわれるポイントがあります。自分達の予算を考えつつ、思い出に残る印象に残る結婚式になるようにするといいです。最近ではかなり増えてきているため、私たちはこのスタイルでいくという信念をもってプランをたてるといいです。

結婚式なら親族のみとは親や兄弟といった近しい方のみを招いて式を挙げることです。気兼ねなく温かい雰囲気で思い出に残るでしょう。