入籍だけのナシ婚よりも、結婚式をしたい場合には

多様化する結婚式の価値観

価値観が多様化することで、人生の一大イベントである結婚式への価値観も多様化・細分化していますよね。結婚式や披露宴以外にも顔合わせや結納などをカットする人もいますし、1.5次会を新たに加えるという例もあったりと、どれをやってどれをカットするのかはバラバラです。結婚式もシンプルを通り越してあえて入籍だけのナシ婚の割合も増えていますが、色々な事情からナシ婚を選んだ場合に「やっぱり後悔しないかな」と気になりますよね。

結婚式をする方が満足する?

結婚式をしない理由にはお金がもったいないという経済的なものや、特に必要性を感じなかったなど実に様々。でも結婚式を挙げたカップルの実に9割近くが、挙式をしたことで夫婦になったという実感を持てる、ゲストから祝ってもらって感動したなどの理由で満足しているんです。その一方でナシ婚を選んだカップルは後悔している人と満足している人の割合のどちらも結構いるんですよね。挙式しなかったことで後悔するくらいなら、思い切って挙式してみては?

ナシ婚派の相手との話し合い

最初は結婚式なんてしなくてもいいのでは?と思った人も、実際に挙式当日を迎えると思ったよりもよかったと満足していることも多いものです。相手がどうして挙式をしないつもりなのか、その理由を理解したうえでお互いの気持ちを伝えあって話し合いましょう。結婚式をして親を喜ばせたい、花嫁衣装を着たいという気持ちをストレートに伝えてみたり、経済的な理由からなら格安婚プランを利用する方法を教えてみるのもいいですよね。

千葉の結婚式場は料理にこだわっています。なので様々なジャンルの中から好きなものを選ぶことができます。